【小説】オリジナル/こみらび/めざせ、こみらびマスター!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

>>【小説】オリジナル/こみらび/ありゅとの小さな家出騒動
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

このフォームで主人公の名前を変えることができます。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

「物件。物件ねー」
 キノモリさんは悩んでいました。
 四月から、念願の一人暮らし。ワクワクの季節です。
 ですが……
 カレンダーは、二月二十二日。
 引越しの手間を考えると、そろそろ決めなくてはいけません。
 なのに、全然決まってないんです。
「いきなり、家なし生活は……やだなぁ」
 やだなぁ、じゃなくて。
「車持ってるけど……車上生活ってどうなんだろ……」
 だから、どうなんだろ、とか言ってる場合じゃないです。
 なんとかしなくては。
「……ん? なんだろ、ここ」
 『スモー!』という、物件を扱うサイトに、キノモリさんは登録しています。そこの、新着情報です。
『1DK、7畳洋室・ロフトつき、一階、角部屋。都市ガス、バストイレ別。エアコン完備。家賃三.五万』
「おっ、いいないいな!」
 まさに、キノモリさんの条件にマッチした部屋でした。
 こういうのを待っていたんだよー。
 キノモリさんは、呟きながら、条件を隅から隅まで確認します。
 所在地もちょうど、住みたかった街である、越石にあります。完璧です。
「ただなぁ……」
 この一文が気になります。
 さっきから、見なかったことにしておいた、この一文。
『ペットついてきます』
「ついてきます……? ペットが……?」
 可愛いものは好きです。大好きです。
 なんですが……
「お世話……できる……かなぁ」
 ネコちゃんとか、ワンちゃんとか、お世話が大変です。
 まぁ、とりあえず、問い合わせてみましょうか。話はそれからです。
「……あ、もしもし? はなまる不動産さんですか?」

 **********

 見学当日。
 そこには、目を真っ赤にして、目の下にクマを作っているキノモリさんがいました。
 不動産屋さんへの約束は取り付けたのですが、ペットのことを訊いてみても、どうも要領を得ないのです。
「ペットがついてくるってことなんですが、それってネコちゃんですか?」
『ええっと……。いやぁ、ネコちゃん……では、ない、んですよね~……』
「……? じゃあ、ワンちゃんですか?」
「ワンちゃん……でも……なくて……ね」
「? じゃあ、特殊なペットなんですか?」
「まぁ、来て頂ければ判りますよ。では!」
 そんなこんなで、はぐらかされ。
 とっても気になって、眠れなかったのです。
「あ、お待たせしました! キノモリさーん!」
 スーツ姿の男の人と、気のよさそうなおばあさんがこちらにやってきました。
「こちらが『ひまわり荘』の管理人のヨシノさんです」
 スーツの人に紹介されて、おばあさんが頭を下げます。
「よろしくお願いしますねぇ」
 大家さんはすごく感じがいい方です。キノモリさんは、一目で、彼女を気に入りました。
「ここ、すごく家賃安いですよね……」
 ヨシノさんは、手をひらひらさせながらニコニコ笑います。
「ウチね、家賃が安いのは、必ず、ペットを飼って頂くからなんですよー」
 ……おかしな話です。ペットを飼うと、家賃が安い?
 キノモリさんが首を傾げると、ヨシノさんが、あらあら説明不足、と口元を押さえました。
「どこにも行き場のないコたちを、お世話してもらうの。そんなボランティアをして頂く代わりに、ウチは家賃が安いのよ」
 なるほど。
 キノモリさんがフムフム、と頷いていると、大家さんは鍵を取り出して、角部屋を開けました。
「ここの部屋のコは、ちょっと事情が特殊でねー……。まぁ、入ってちょうだいな」
 彼女と、不動産屋さんに誘われて、キノモリさんは部屋の中に足を踏み入れます。
 ペットがいるというのに、全然匂いがしません。
 やはり、ネコちゃんなんでしょうか。
「ありゅとちゃん、ぴのちゃん。見学の人が来たから、いいこにしてねー」
 可愛い名前。
 キノモリさんはくすっと笑います。
「はーいでしゅー」
「わかったじぇ!」
「?!」
 こ、こ、
「声が聞こえたー?!」
 キノモリさんは、思わず、その場で三〇センチは飛び上がりました。
 深呼吸して、くらくらする頭を片手で抑えながら、声のしたほうを見てみると。
 全体で、五〇〇ミリリットルペットボトル位の大きさでしょうか。ぷっくりしててピンと立った、可愛いお耳が特徴的な、紫のコと、緑のコ。
 二匹とも、お腹がまあるく茶色くて、手足の先が、身体の色よりも一段階濃い色をしています。
 緑のコはつぶらな瞳、紫のコは三白眼。それぞれ特徴があるお顔立ちです。
 な、なんて可愛いんでしょう。
 緑のコが、てくてくと歩いて、こちらへやってきました。
「ここにすむんでしゅか?」
 自分に訊いているんだと判って、キノモリさんはえへへ、と笑いました。
「まだ考え中なんだ」
「ぽくは、ぴのといいましゅ。よろしくでしゅよ」
 可愛い喋りかた。
 ああもう、このコに触ってもいいかなー? いいよねー。
 キノモリさんは、ぴのに触れようとしました。
 すると、紫のコが、ものすごい速さでやってきて、ぺちーん、とキノモリさんの手をはたきます。
「イタッ、なにするの?」
「ぴのにさわりゅなー!」
 あらあら、このヒトのことも気に喰わないのかしら……。
 ヨシノさんが、困った声を出して、ふぅ、とため息をつきました。
「このコたち、可愛いんだけど……。この紫のコ……ありゅとちゃんが、来る人をみーんな追い出しちゃって。それで、ここ、空き部屋なのよ」
 ありゃ。このコが問題ありでしたか。
 正直、結構、この物件を借りる気持ちに傾いてたんだけどな……。
 キノモリさんは、うーん、と眉をひそめます。
 すると。
 ぴのが、ありゅとの頭をはたきました。
 べちこーん、とかなりいい音がします。
「ぴのー! なにすりゅんだじぇー!」
「ありゅとはばかでしゅ。おおばか!」
 すると、三白眼をうるうるさせて、ありゅとが手をぐるぐる回して抗議します。
「ぴのー! おおばかとはなんだじぇー! おりぇにあやまれー!」
「あやまりましぇん。おおばかだから、おおばかといったんでしゅ」
 ケンカを始めてしまいました。
 キノモリさんは、大家さんにヒソヒソ耳打ちをします。
「大丈夫ですよ。じゃあ、そうしてあげてくださいな」
 OKを頂きましたので、リュックからお菓子を取り出し、二匹に差し出しました。
「ケンカはダメだよ。はい、お食べ」
「ひっく。だって、ぴのがー……!」
「ありゅとがわるいんでしゅよー!」
 言いながらも、二匹はお菓子を一本ずつ取り出し、ぽりぽりと食べだします。
「う、うみゃーぜ!」
「おいしいでしゅ!」
「そう? よかった。これね、最近ハマってて、持ち歩いてるんだ」
 パッケージには、『ガルビー あがりこ』と書いてありました。
「もしかして、このひと、おりぇたちのますたーだじぇ……?」
「そうでしゅね……。このひと、ますたーかもしれましぇんね」
「?」
 苦笑しながら首を傾げるキノモリさんの手を、ありゅとが両手で掴みます。
 あ、このコたち、肉球ある。ぷにぷにで気持ちイイ。
 そんなことを思っていると、ありゅとがすごい勢いで問いかけます。
「なまえだじぇ!」
「な、名前……?」
 キノモリさんがタジタジしていると、ありゅとは真剣な眼差しで続けます。
「なんていうんだじぇ!」
「キノモリ ケイ……です」
 もう何事にも動じないかもしれないキノモリさんでしたが、やはり、少し及び腰。それを証拠に、こんな小さなコに対して敬語です。
「きのもりしゃん!」
 ぴのも、キノモリさんの手を両手で掴みます。
「おれぇたちのますたーになってくりぇ!」
「ぽくたちのますたーになってくだしゃい」
 その言葉を聞いて、大家さんはあらあら、と笑います。
「ありゅとちゃん、ぴのちゃん。ミニットモンスターの見過ぎよ~」
 キノモリさんが盛大にずっこけます。
 ミニモン? ミニモンって、あの、ゲームが世界的に売れてて、アニメにもなって、キャラクターグッズもすっごい売れてるヤツだよね?
 ミニモン好きのペットってなんだろう。
 思いながらも、悪い気分はしませんでした。
 むしろ……

 **********

「じゃあねー」
 キノモリさんは家族に手を振り、自分の荷物をいっぱい詰め込んだ車に乗って、実家を後にしました。
 あのあと?
 キノモリさんはその場で契約し、今日から住み始めることになったのです。
 軽自動車は、海の近くを走り、駅を越え。
 見えてきました、新しい我が家。
 『ひまわり荘』。
「ますたー!」
 ありゅとのだみ声が聞こえて、ひまわり荘のほうを見ると、入り口の木の上にありゅととぴのが。
 ブレーキをゆっくり踏み込んで、車を止め、キノモリさんは外へ。
「ますたー、いらっしゃいでしゅー!」
 可愛らしいぴのの声が、キノモリさんを出迎えます。
「今日から一緒だよ、二人とも!」
 キノモリさんが二匹に対して腕を広げると、二匹はぴょーい、と、その腕の中に飛び込みました。
 この可愛い同居人たちと、キノモリさん。
 一体、どんな物語を紡いでくれるんでしょう。

 少し前の、お話です。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

>>【小説】オリジナル/こみらび/ありゅとの小さな家出騒動