【小説】オリジナル/ブルプリOSs/大切な人に、あげれるように。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/ブルプリOSs/零の記憶
>>【小説】オリジナル/ブルプリOSs/ひとときの夢
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 最近。
 アルトが、僕の作った食事を食べない。
「……まずい?」
「……おいしくは、ないかな」
 兄は、僕よりも身体がかなり小さくて、細い。
 このまま食べなかったら。
 考えただけで、ぞっとする。
「お腹……すかないの?」
 恐る恐る、聞いてみた。
「ううん、すくよ」
 その答えに少しほっとする。
 でも、ピンチなのには変わりない。
「……食べたいものある? キミが望むものなら、なんでも」
 言いかけたところで、アルトは映写箱(TV)を指さした。
「あれ……たべたいな」
 映写箱のなかの番組は、どうやら食べ物のことをやっているらしい。芸能人が美味しそうになにかを食べていた。
「……えっと、アレはなに?」
 逆に聞いてしまって、なんだか間抜けな感じになってしまった。
 けれど、普段魔獣狩りばかりしていて流行に疎い僕には、その食べ物がなんだか、皆目見当もつかなかったのだ。
「『カレー』て、いうらしいよ。アゼルマインのほうから、つたわったんだって」
 ……作り方なんてわからないな。
「分かった。食べに行こう」
 言うと、アルトは心底嬉しそうに微笑んだ。

 

 **********

 

 『カレー』なるものは、今ブームで、そこかしこでやっているらしい。
 僕は『この記憶では初めて外に出るアルト』を連れて、住んでいるアパートの近くにあったカフェテラスに入った。
 兄は物珍しそうにキョトキョト見回す。可愛くはあるけれど、余計な知識を仕入れないか心配で、僕は気が気じゃない。
「珍しい?」
 笑みを絶やすまいと努力して、彼に話しかける。
「ん」
 短い返事をして、彼は水を飲んだ。
「!」
 小さい声を上げ、アルトはそのまま、水を一気に飲み干した。
「これ、おいしいっ。レモン、はいってる」
 彼はキラキラした目で、はぁ、とため息をつく。
「おかわり、できないかな……。もっとのみたい……」
 ああ、この子は『まだこういうことを知らない』んだな、と思い、テーブルのポットから水をついで、渡してあげた。
「こういうところのお水は、料金内だから、好きなだけ飲んでいいよ」
 コクコク。
 頷いて、水を嬉しそうに飲むアルト。
「お待たせいたしました。カレーライスです」
 ウェイターがカレーを二つ持ってくる。
 独特の匂いと、色。
 茶色というか、黄土色というか……。なに入ってるんだろ、これ。
 本当に美味しいのかな、これ。
 いや、匂いはかなりお腹に直撃する匂いではあるんだけど、しかし……
「なに入ってるんだ……。具は……あるのかな……」
 いっしょに運んでこられたスプーンで、中をかき混ぜる。
 赤い……のは、ニンジンか。
 白いのは……ジャガイモ。
 そして、肉。多分、見た目からするに、豚だ。
 それらが、茶色のソースの中に埋まっている。
 茶色のソースは、スパイスをふんだんに使っているのだろう。刺激的な匂いでお腹がすき過ぎて、空腹の身には辛いくらいだ。なんて贅沢。さすが、アゼルマインは飽食の国。やることのスケールが違う。
 僕は意を決してソースをすくった。ドロリ、としたソースだ。
 これを、横に添えてあるライスと食べるのか?
 うーん、意味不明。
「たべないの?」
 様子を見ていたアルトが、きょとっとした目でこちらを見つめる。
 ……っていうか、アルトの口、カレーのソースでべたべただ。食べたのそれ?
 ねぇ。その勇気、僕に分けてほしいんだけど!
「これ、からいけど、すっごいおいしい!」
 か、辛いの?
 ますます意味不明。
 こんなのライスに合うわけない! なにこれなんでこんなの食べれるの!
 カルチャーショックにくらくらしている前で、アルトはどんどん食べ進んでいく。
「おいしいっ。オレ、これすごいすき」
 えー……。アルトがそこまで言うんだったら。
「いただきます……っ」
 僕はカレーライスをひとさじ、口に放り込んだ。
「!」
 ふわっと広がる重厚な香り。
 ピリッとした辛さで舌が刺激された後に、何層もの旨味が口の中に広がっていく。
 こんなモタッとしたソースに、ライスが合うわけないと思っていたけど、それは間違いだった。ライスの甘みを包み込むような辛みのあるソースが、本当に相性抜群。
 僕は思わず、がつがつと食べ進んだ。
「ね?」
 アルトの皿はすでにからっぽで、彼は口を拭きながら僕に確かめるように訊いた。
「確かに……!」
「あ、アルフレッド。うごかないで」
 アルトがそう言って席を立ちあがり、僕の顔に顔を近づけた。
 そして……
 彼の舌が、僕の唇をかすめる。
「っ?!」
 ガタタンッ。
 僕は思わず席を立った。
 声が出ず、口をパクパクするだけの僕に、
「……ダメだった?」
 と、アルトが悲しがる。
「……キスは……ダメだよ……」
「キスじゃない、もん。カレーついてたから……」
「とにかく、ダメだ。次やったら、二度と外には出さない」
 僕は改めて座りながら、アルトから視線をそらす。
「なんで……。オレ、アルフレッドのこと、すきだよ」
「……それは、僕以外の人間を知らないからだよ」
 アルトはいずれ、僕以外を好きになる。
 父や僕が、アルトを穢したから。
 せめて、キスだけは、守り続けて欲しいんだ。
 大切な人に、あげれるように。

 

 さっきは感じなかった、カレーの苦みが、僕の中に残る。
 キミのためなら耐えよう。どんなことだって。
 それが、キミへの償い。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/ブルプリOSs/零の記憶
>>【小説】オリジナル/ブルプリOSs/ひとときの夢