【小説】オリジナル/こみらび/なにごともほどほどに


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/移動本屋のソラムラさん
>>【小説】オリジナル/こみらび/お風呂に入ろう
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

このフォームで主人公の名前を変えることができます。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 ポリポリポリ。
「うみゃ!」
 ありゅとがあがりこを食べる音を聞いて、なんだか思い出してきました。
 あれは、そう。
 キノモリさんが、この『ひまわり荘』に住み始めて、まもない頃……。

 ********

 ただいまー、と言いながら、キノモリさんはドアを開けました。
「ますたー! おかえりだじぇー!」
「ますたー、おかえりなしゃーい!」
 二匹の可愛い同居うさぎの姿を確認すると、キノモリさんの頬はほころびます。
ああ、やっぱり二人ともすごく可愛いなぁ。この部屋にして、本当によかった。
「ますたー! あがりこたべたいじぇ」
「いいよー! 食べよう、食べよう!」
 キノモリさんは持っていたスーパーの袋をがさごそと開き、中からあがりこを取り出しました。
 ガルビーのあがりこ。ありゅとの大好物です。
 もう一つ、マスタードーナツの袋をがさごそしまして、中身をぴのに差し出します。
「ぴのには、ポンザリングねー」
「ありがとうございましゅー!」
 カリポリカリポリ。
 もっしゅもっしゅもっしゅもっしゅ。
「きょうもうみゃかったじぇー!」
「はあぁ、おいしかったでしゅー」
 キノモリさんと二匹、このところ、食べるものって言ったらこの二つです。
 でも、美味しいし。
 慣れない暮らしで、台所に立つのも億劫だし。
 まぁ、生きてるからいいよね。
 キノモリさん、お恥ずかしながら、そんなふうに思っていました。
 そう、あの日までは。

**********

「なんか……調子悪い……」
 キノモリさんは身体の不調を訴え、生まれて初めて、お仕事を休みました。
「ますたー……だいじょうぶだじぇ? あがりこくえばなおるじぇ?」
「なんかたいへんそうでしゅね。ぽくのぽんざりんぐたべましゅか?」
 こみろんらびっと二匹が、自分たちの大切な食べ物を勧めてくれます。
 これは心配かけちゃいけないな。
 そう思ったキノモリさんは、にっこり笑って、それぞれ一つずつ、頂くことにしました。
 その途端。
 ぐるり。
 世界が回って、キノモリさんはその場にパタリ、と倒れました。
 あれ、あれれ。
 力が出ない。
「ますたー!」
「ますたー!」
 二匹がキノモリさんに駆け寄って、すがりつきます。
「うわぁぁぁぁん! ますたー! しんじゃやだじぇー!」
「いやでしゅー! ますたー! しんじゃやでしゅよー!」
 その声が聞こえたのでしょう。
 マスターキーを使って、大家さんのヨシノさんが飛び込んできました。
「き、キノモリさんっ? どうしましたっ?」
「いきなり、ますたーがたおれちゃったんだじぇー!」
「ますたーをたすけてくだしゃい、よしのしゃーん!」
 ぴぃぴぃ鳴く二匹と、倒れているキノモリさんを見たヨシノさん、大慌てです。
「き、救急車、救急車!」

 **********

「で、言い訳は?」
「ありません……」
 ベッドで点滴を打っているキノモリさんは、申し訳なさそうに目を瞑り、ぷふぅ、と息を吐きました。
「お菓子だけで栄養偏らないと思ってたのですか? そんなこと思っちゃいけませんよ」
「で、でもねっ。あがりこはサラダ味を主に食べてたから、野菜は摂れてましたし、ポンザリングもいろんな味のを食べてて……」
「だまらっしゃい」
 お医者さんが一喝します。
 しゅん。
 キノモリさんは頭をうなだれました。
「同居人たちは大丈夫だったんです……」
「ご同居の方々はよっぽど身体が丈夫な方々なんでしょう。普通、こんな生活をここまで続けてたら、あなたみたいになります」
 はい。
 キノモリさんが素直に返事をしますと、お医者さんはボールペンを持ってカルテを叩きました。
「三食きちんと作りなさい。ご同居の方々だって、ご飯を食べたほうが身体にいいし、美味しいご飯は会話も弾みますよ」
 そうか。
 キノモリさんははっとしました。
 あのコたちは、お菓子のほうが好きかと思ってたし、楽だからってそんな食生活を続けていたけれど、自分の作った食事、一度も食べさせたことなかった。
 自分の作ったもので、食卓を囲めたら、きっともっと楽しい!
 あのコたちの好きなもの、嫌いなもの、いろいろな面、もっと知れるし、もっともっと仲良くなれるはずだ!
「先生」
 キノモリさんがにっこり笑います。
「ありがとうございます。目が醒めました」
「ん、頑張ってください」

 **********

 治療を終えて家に帰ると、二匹が出迎えてくれました。
「ますたー、もういいんだじぇ?」
「うん、すっかり大丈夫だよ。心配かけてごめんね、二人とも」
「よかったでしゅよ、ますたー!」
「うん。ありがとう、二人とも。今、ご飯作るから待っててね」
 キノモリさんは久しぶりにエプロンをつけ、持っていたスーパーの袋から野菜やお肉を取り出して、調理を始めました。
「ますたー、おりょうりつくれたんだじぇ?」
「うん、趣味で結構作ってたんだ」
 趣味で作ってた、と言うだけあって、キノモリさんの手際は意外にもよく、あっという間にいい香りが漂ってきます。
「たのしみでしゅねー」
 ぴのがヨダレをじゅるり、と垂らしました。ありゅとがそれをごしごしと拭ってあげます。
「よし、出来たよ。ミルクスープ」
 みんなの分を分けまして、テーブルに着きます。
「いただきますしようか」
「いただきますだじぇー!」
 ありゅとがスプーンを振りかざします。
「いただきますでしゅよー」
 ぴのはお行儀よく、手を合わせました。
「いただきます」
 キノモリさんも手を合わせ、一礼して、スープを飲み始めました。
「うみゃ!」
「おいしいでしゅねー」
 二匹の顔がほころびます。
「ホント? 嬉しい!」
 キノモリさんは、スープを飲みながら、にこにこが止まりません。
「ますたー! もうないんだじぇ! おかわり!」
「ぽくもでしゅよー。もっとのみたいでしゅよー」
 あらららら。
 でも、もうないんです。
 それを伝えると、二匹は顔を見合わせ、それからこう言いました。
「じゃあ、あがりこくうじぇ!」
「じゃあ、ぽんざりんぐでしゅ」
 あ、いや。
 キノモリさんは苦笑いして、答えました。
「その二つは、もう、当分、いらない……かな」

おしまい保存


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/移動本屋のソラムラさん
>>【小説】オリジナル/こみらび/お風呂に入ろう