【小説】オリジナル/こみらび/最強の西京ホイル焼き


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/にんじんポタージュ
>>【小説】オリジナル/こみらび/白菜と豚肉のミルフィーユ鍋
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

このフォームで主人公の名前を変えることができます。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

「ますたー!」
「おかえりでしゅよー」
「ますたーしゃん」

 キノモリさんが帰ってきますと、三匹が仲良くお出迎えしてくれました。
 そんな三匹が持っているのは、何かが入ったビニール袋。

「おにくばたけのおばちゃんから、さいきょうづけもらったのだよ」
「さいきょーだじぇ! つよいんだじぇ!」
「おいしいから、さいきょーなんでしゅね」

 うん、違うよ。
 思ったけど、言わないでおいたキノモリさんは、今日の夜ご飯の献立に考えを巡らせます。

 ……そうだ、こういうのにしましょう。

最強の西京ホイル焼き
材料:西京焼き、たまねぎ、バター(マーガリンでも)

  1. たまねぎを切って、電子レンジで火を通しておきます
  2. ホイルにたまねぎ、西京焼き、バターの順において包みます
  3. オーブントースターで焼きます
  4. 出来上がり!(火傷に気をつけてね)

「いがいに、たまねぎとばたーとさいきょうやきがあうのだよ……」
「おいしいでしゅねー! さいきょーをなのるだけのことはありましゅねー」
「これたべたら、おりぇもさいきょーになれるじぇ?」
 うん、なれないけどね。

 久しぶりのお魚と、おにくばたけのおばちゃんに感謝しつつ、キノモリさんはご飯をかき込むのでした。

皆さんも是非、試してみてね!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/にんじんポタージュ
>>【小説】オリジナル/こみらび/白菜と豚肉のミルフィーユ鍋