【小説】オリジナル/こみらび/鶏肉とたまねぎの和風スパゲティ


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/カレースープ(具沢山にしても美味しいよ)
>>【小説】オリジナル/こみらび/ヘルシー坦々麺
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

このフォームで主人公の名前を変えることができます。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

「あれ、お米なくなっちゃった」

 キノモリさん、うっかりです。
 買い置きしていたお米が、もうありません。

「スパゲティにしようかなー」

 オストコに売っているスパゲティは巨大です。確か、5kgほどあるんじゃないでしょうか。
 量に対して安いので、キノモリさんはいつもこれを買って備蓄しておいています。

 あと、今、家にあるのは……
「鶏肉と、たまねぎはオストコで山ほど買ったからなぁ」

 よし、じゃあ、こんな感じにしましょうか。

鶏肉とたまねぎの和風スパゲティスパゲティ
材料:とり胸肉、玉ねぎ、めんつゆ、ゆずこしょう、片栗粉、バター(またはマーガリン)、スパゲティ

  1. マーガリンをフライパンに載せ、溶かしておきます
  2. とり胸肉を一口大、玉ねぎを薄くスライスし、先ほどのフライパンで炒めます
  3. 火が通ったら、ゆずこしょうとめんつゆで味付け、片栗粉を投入して固めます
  4. スパゲティを茹で、餡をかけます
  5. 出来上がり!

「ますたーしゃん。おいしいにおいがするのだよ」

 おや、珍しい。
 ありゅふりぇっどが匂いにつられて、真っ先にやってきました。

「ありゅととぴの呼んで来て下さい。多分これ、ありゅふりぇさんは好きな味だと思うよ」
「それはたのしみなのだよ……」
 ありゅふりぇっどは鼻歌を歌いながら、二匹を呼びにいきます。

「ますたー、これ、なんだじぇ?」
「ありゅとはばかでしゅねー。すぱげてーでしゅよ、すぱげてー」

 ありゅふりぇっどに呼ばれ、にこにこ顔でやってきた二匹とありゅふりぇっどは、マスター特製・こみらび専用のテーブルに着きます。

「じゃーん!」
「いっただっきまーす」

 みんなの前に出すと、みんな美味しそうに食べ始めました。

「うみゃ! あ、でも、からっ! でもうみゃ! からっ! うみゃっ!(繰り返し)」
「おいしいでしゅー。でも、このからいのは、なんでしゅかね?」
「たぶん、ゆずこしょうなのだよ。かんきつけいのかおりが、なんとも、そくよくをそそり、からみがさらにそれをひきたて……」
「さすが、ありゅふりぇさん! よく判りましたねー」

 ありゅとやぴのにはちょっと大人の味かも、と思いましたが、美味しそうに食べてくれて、よかったです。

(明日、お米買ってこないとなー……)

皆さんも是非、試してみてね!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル/こみらび/カレースープ(具沢山にしても美味しいよ)
>>【小説】オリジナル/こみらび/ヘルシー坦々麺