【小説】オリジナル/SS/子猫のノーラ、街へ行く


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

>>【小説】オリジナル/SS/子猫のノーラ、お料理を作る
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

『美味しい猫缶・「ぷち」! さらに美味しくなって新発売!』
 TVという箱で、猫缶のことがやっています。
 黒い子猫のノーラは『ぷち』が大好きです。ご主人の那奈と同じくらい。
「うなぅー(おいしそうですねー)」
 ノーラが言うと、那奈がん?、と首を傾げました。
「ノーラ、『ぷち』が欲しいの?」
「にゃあ(まぁ、ほしいですよ)」
 那奈がノーラの頭を撫でます。
「そっかそっか。でも、ないから、違う猫缶をあげよう」
 那奈がリビングへ向かいます。
 カシュ。
 音がして、ノーラは猫缶が開いたのが判りました。急いで那奈の後を追います。
「はい、お食べ」
 はぐはぐと、ノーラは食べ始めました。
 うん、おいしいですね。
 舌でペロッと口の周りを舐めます。
 『ぷち』は贅沢品です。美味しいですが、めったに食べれません。
 たまには、たべたいんですよ。ななさん。
 那奈はカーペットに座り、チラシを見始めています。
 彼女は貧乏学生です。チラシのチェックは欠かせません。
「ん? あれっ、『ぷち』が安いっ!」
「にゃにゃっ?(にゃんですって?)」
 ノーラはチラシの上に乗りました。
 ノーラには字は読めませんが、那奈の顔を見るに、本当のようです。
「ど、どうしよう、買いに行かなきゃ!」
 ノーラの心が躍ります。
 『ぷち』をたべれる? たべれるのですかね?
「ああっ、でも十時から二時間だけのタイムセールっ? 授業が……!」
 那奈がしょぼん、と床に手を着きました。
「うにゃにゅっ(ななさん、ぼくにまかせてくださいっ)」
 項垂れる那奈の肩に、ノーラが手を置きます。
「ノーラ? 行ってくれるの?」
「なわ(もちろん)」
 ノーラの特技。それは、手押し車を押すことです。
 お買い物くらい、きっとできます。
 いかせてください、『ぷち』のため!
 ノーラ、初めてのお外です。

「すぐそこのお店屋さんだからね」
 那奈はそう行って、学校へ出かけていきました。
 那奈が帰るのはお昼の十二時半。それまでに帰って来れればいいのですから、楽勝です。
 カラコロカラコロ。
 ノーラが手押し車を押して、お店に向かいます。
 ノーラの首には風呂敷。そして、その風呂敷にはメモが張ってあり、こう書いてありました。
『学校があって行けないと思っていたら、この子が行ってくれると言ったので、この子に託します。この風呂敷に代金が入っています。この子の手押し車に「ぷち」を載せてあげてください』
 お店に着いたと思った途端、ノーラはびっくりしました。
 ヒト、ヒト、ヒト。
 これは……
「うなーな?(みなさん、『ぷち』をかうかた?)」
 そのとき、店員の声が聞こえました。
「『ぷち』を買う方はこちらが最後尾でーす! 並んでくださーい!」
 ああ、やっぱり。
 カラコロカラコロ。
 ノーラは仕方なく並びます。
「ウチの猫ちゃん、『ぷち』が大好きで……」
「あら、ウチもですよ」
 そんな会話が聞こえてきます。
 ぼくだって『ぷち』だいすきですよ。ああ、もう。たべたい。
 ノーラが、ぷふぅ、と息を吐きます。
「あらっ?」
 目の前で話している人たちが、ノーラに気付きました。
「わぁ、可愛い黒猫ちゃん! あら、なにか書いてあるわ」
「『この風呂敷に代金が入っています。この子の手押し車に「ぷち」を載せてあげてください』だって! いやーん! この子偉すぎー! じゃあ、私と一緒に並ぼっか!」
「うな(おねがいします、おねえさん)」
 目の前の人がノーラを抱き上げて、いい子いい子、と頭を撫でました。
 さすが他の猫のご主人。抱っこするのも撫でるのもとても上手です。
 彼女たちとの会話はとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 待つこと二時間。
 やっとノーラたちの番が来ます。
 しかし。
「あれっ、あと一つしかないんですか」
 お姉さんが店員さんに訊きます。
「スミマセンね。たくさんご用意してたんですが」
 店員さんが言うと、お姉さんがそれを取り、違うコーナーに行って、何かを取ってきました。
 それは、ご飯を入れるお皿でした。
「黒猫ちゃん、私の家でも猫ちゃん待ってるから、全部はあげれないの。でも、二人で分けよう」
「にー?(いいんですか?)」
「いいのいいの!」
 一人と一匹が会計を済まし、お店の外に出ます。
 お姉さんは手押し車にお皿を載せ、その場で缶を開けて半分載せました。そして、メモ帳とボールペンを取り出すと、何かを書き、ノーラの風呂敷の中に入れます。
「黒猫ちゃん、ご主人さんにお手紙書いたから、渡しといてね。じゃあ、また会おうね!」
 お姉さんは半分しかない猫缶を手に、颯爽と去っていきます。
「みー!(おねえさん、ありがとうございました!)」
 ノーラは彼女の後姿にお礼を言い、手押し車を押して、反対方向へ歩き始めます。
 カラコロカラコロ。
 アパートの前には、那奈。
「ノーラ!」
「みゃお!(ななさん!)」
 ノーラの足が速くなります。
 彼は那奈の前まで来ると、那奈の足にガバッ、と抱きつきました。
「買えた? ……ん、なにこれ?」
「みゃーお(ななさん、おてがみがあります)」
 那奈はそれを聞いて、ノーラの風呂敷からメモを取り出し、目を通します。
『飼い主さんへ
 残り一つしかなかったので、私と黒猫ちゃんと、半分こしました。お皿は黒猫ちゃんへのプレゼントです。どうぞ、とっておいてください。
 最後に。黒猫ちゃんはとてもいい子でした。褒めてあげてくださいね。では』
 そっか。
 那奈はそれを読んで、にっこり笑い、ノーラを手押し車に入れて手押し車を持ち上げ、アパートの階段を登っていきました。
「ノーラ、偉かったね」
「うなんな(ありがとうございます、ななさん)」
「それだけじゃ足りないだろうから、ヨーグルトあげるね」
「みゅ(ありがたくいただきます)」
 さあ、家に着いたら、楽しいお昼ご飯の始まりです。

おしまい。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

>>【小説】オリジナル/SS/子猫のノーラ、お料理を作る