【小説】オリジナル(タブレットマギウス参加作品)/ぐわっちょ!/有希、来る。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル(タブレットマギウス参加作品)/ぐわっちょ!/出会いはとーとつ。
>>【小説】オリジナル(タブレットマギウス参加作品)/ぐわっちょ!/テスター確保。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

有希「こーんにーちはー!」
彩葉「あー、有希ちゃんいらっしゃい」
翠「有希ちゃん来たっ?! 今、ご飯作ってるから待っててねー! 食べてくでしょ?」
有希「食べる食べるー! スイさんのご飯、だーいすき!」
翠「わーい! もー、頑張っちゃう!」
彩葉「スイさん単純ですn……いや、なんでもないです」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

ハービー「ぐわっちょ!」
有希「この子がウワサの! 可愛いなー!」
ハービー「ぐわっちょ!」
彩葉「おい、ハービー。分かりやすいドヤ顔するな」
有希「お調子者なところ、サイ兄さんにソックリ!」
ハービー「ぐわっちょ?!」
彩葉「おい、ハービー! そんな傷ついた顔すんなよ! 俺のほうがショックなんだからな!」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

翠「ご飯出来たよー! 有希ちゃんの大好きな肉じゃがに、ほうれん草のごまよごし!」
有希「うっわ嬉しい! 早く食べよー!」
翠「ハービーにはお魚、サイには塩ゆでグリンピース追加でーす!」
ハービー「ぐわっちょ!」
彩葉「あっ、スイさんさっきのことなにげに根に持ってますね? グリンピースは勘弁して頂きた……あ、いえ、食べます……」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

有希「おいしー! はー、ジャガイモによく味が染みててホクホクだぁ。オレ、こんなに上手く作れないよ」
翠「僕も調合とかは電書魔術に頼ってるからなぁ。料理上手とは言えないんだろうね」
彩葉「いや、料理上手いんじゃねぇの? だって、俺、同じePUG(イーパグ)使っても料理出来ないし」
有希「前、兄さんがePUGで炊飯器ごと炊いてるところを見たよ……」
ハービー「ぐわっちょ?!」
翠「ごめんなさい僕料理できるほうだね?!」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

有希「最近、流行ってきたよね、電書魔術。TVとかでもよく見るようになってきたよ。オレは二人が作ってるから前から知ってたけど」
彩葉「あー。確かに、俺のePUGも売り上げ上がってきたなー」
有希「クラスメイトが今度のMANATIA行こうかなって言ってたし」
翠「初心者はMANATIAで買うの危ないんだけどなー。ウィルス入ってたりすることもするし、自己責任なんだよね」
有希「あ、そうなんだ。怖い人はどこにでもいるもんだねー」
ハービー「ぐわっちょ!」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

有希「誘われたから、オレも行こうかと思ってたんだけど、やめたほうがいいかな?」
彩葉「行きたいサークルピックアップすれば、ホワイトリスト作ってやるけど」
翠「締め切り近いのにそーゆー約束しちゃう?」
彩葉「……翠が」
翠「僕が?! いや、有希ちゃんのためならいいですけどね!」
ハービー「ぐわっちょ!」
有希「なんでハービーが『任せろ!』みたいな顔してるのか謎だなあ……」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

彩葉「でも……、そっか。有希ちゃんも電書魔術に興味を持つ年頃になったか……」
有希「兄さん?! お前も性的なものに興味を抱く年頃か、みたいな言い方やめて?!」
彩葉「いやさ、なんか嬉しくって」
有希「あー……。ミーハーかな?」
翠「そんなことないんじゃない? 新しい技術に興味を持つのはいいことだよ」
ハービー「ぐわっちょ!」
有希「そっか。ありがと!」

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

有希「兄さん、今度のMANATIA出るんでしょ?」
彩葉「一応ね。新刊作業終わってねーけど」
有希「どんなの作ってるの?」
彩葉「よく作るのは、ちょっとしたガジェットかな」
翠「でも、今は子供向けの入門書作ってるんだよね」
ハービー「ぐわっちょ!」
有希「今の一声で、ハービーがそのマスコットだというのはよく分かりました」


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【小説】オリジナル(タブレットマギウス参加作品)/ぐわっちょ!/出会いはとーとつ。
>>【小説】オリジナル(タブレットマギウス参加作品)/ぐわっちょ!/テスター確保。