【小説】岩男/ギャグ/まずいもの万歳03

カリンカ「では、今日もいっきまーす!」
スカルマン「『カリンカちゃんのまずいもの万歳』!」
パチパチパチパチ…。
ブルース「……(何も言うことはあるまい…)」
フォルテ「さっさと終わらせようぜ。今日はなんだよ!」
カリンカ「今回のお題はこれです!」
とん。
スカルマン「龍口米粉但仔麺(インターパック)。えーっと、まぁ、コレはカップ麺つーか、カップビーフンって言うか」
フォルテ「…………食い物か」
ブルース「食べ物だな」
フォルテ「また嫌な予感するぜ…」
ブルース「…オレもだ(ぼそり)」
スカルマン「まぁ、そう言うな。また既にサンプルも用意してるぞ。ほら、これ」
どおおおおん。
フォルテ「……………」
ブルース「………………」
カリンカ「…………………」
シーン。
フォルテ「…匂いは美味そうだな、おい」
スカルマン「お嬢! これ本当にまずいものなんですか?」
カリンカ「ロールちゃんはそう言ってたけど?」
フォルテ「ロールぅ? アイツも味覚おかしいんじゃねェの?」
カリンカ「ロールちゃんを馬鹿にしないでよね!」
スカルマン「そうだぞ! お嬢の友達を馬鹿にするな(゚Д゚)ゴルァ!」
フォルテ「オレはなぁ、ゲテモノ好きなヤツも嫌いなんだ!!」
ブルース「じゃあ、カリンカも嫌いなんだな? こうやって企画に付き合ってるのに?」
フォルテ「そ、それとこれとは別でだなぁ…」
カリンカ「あら、そうなの?」
フォルテ「あーもうっ!! いいから食うぜ?! 麺がのびたらもっとまずくなるだろっ?」
スカルマン「そうだな、お嬢、いきますか?」
カリンカ「そうね。みんな一気に行くわよ。せーの…」
ぱくり。
フォルテ「うん? 別に平気じゃねェか?」
スカルマン「…平気だな」
ブルース「……(…ちょっと嫌な予感がする…)」
カリンカ「…おいしいわね? どうしてだろう?」
フォルテ「ま、いいや。一気に食っちまうか」
ずるるるる…。
フォルテ「★@〆!?」
ブルース「…(やっぱりか…)」
フォルテ「ま、まずっ!!」
スカルマン「…爆発型(?)ってことか…」
フォルテ「これ、全部食ったら死ぬぞ! マジで逝く!!」
スカルマン「まぁまぁ、そう言う趣旨なんだ、しょうがねェだろ?」
フォルテ「ふざけんな、オレはもう食べねェぞ、もう出ねェ(゚Д゚)ゴルァ!」
カリンカ「それでもいいよ? 別に」
フォルテ「あ、いや……」
ブルース「確かに、ちょっと人数が多い気もしなくも無いからな」
フォルテ「うるせぇ、続けてやるよ、しょうがねェなぁ!」
カリンカ「?? そんなに嫌なら別にいいのに?」
スカルマン「まぁまぁ、お嬢。お嬢にはまだ判らない世界なんすよ、きっと」
カリンカ「??? 何? なに?」
ブルース「…また明日(?)」