【小説】岩男/ギャグ/お料理教室!05

ロール「と、言うわけでっ」
カリンカ「やってきました、わたし達の出番っ!」
ロール「ロールちゃんと!」
カリンカ「カリンカちゃん!」
ロック「ロックと」
フォルテ「フォルテ!」
ブルース「…ブルースの」
ロール、カリンカ「お料理教室!!」
わぁ~! ぱふぱふ!
ロック「あ、今日もリテイク無しだ!」
パチパチパチパチ…。
ロール「…と、言うわけで、今日は!」
カリンカ「バレンタインも近いぞv チョコシリーズその2!」
ロール「簡単チョコトリュフの巻~!」
フォルテ「また言っとくけど、オレはカリンカのは食べないからな!」
パコン!
カリンカ「うるさいわねっ!」
シーン…。
ブルース「……カリンカ」
カリンカ「…あ、あははは~…。また…」
フォルテ「お前、オレに恨みでもあんのかよ!」
カリンカ「味覚オンチって言われたもん!」
フォルテ「事実だろうが(゚Д゚)ゴルァ!」
ロック「2人とも仲良く…ね?」
ロール「さ、さぁ、始めましょうか!」
パチパチパチパチ…!
ロール「ではでは、材料を説明します。
カステラ半分
アルファベットチョコ、20個
純生クリーム、200cc
ココア、適量」
ロック「いつも通り、これはあくまで参考にしてね!」
フォルテ「普通、こんなもん見て作らねェっての」
カリンカ「うるさいわねっ!」
ブルース「カリンカ、落ちつけ」
カリンカ「あ、はーいっv」
フォルテ「…(ムカムカっ)」
ロール「ではでは、作り方を説明します! これもあくまで参考に…ね♪」
カリンカ「カステラを粉々にします」
フォルテ「おう、任せろ!」
カリンカ「うん、任せる!」
どかどかどかどか!
ブルース「…(本当に粉々だ)」
ロール「アルファベットチョコを2分、レンジで温め、生クリームを加えて混ぜます」
ロック「そのあと、粉々にしたカステラを加えて混ぜ」
ブルース「それを丸める」
カリンカ「そうしたら、ココアの粉を回りにまぶして完成ッ!」
ロール「そーゆーこと♪ じゃあ、やってみようか!」
ピッピッピッピッピ!
まぜまぜまぜ…
まぜまぜまぜまぜ…
コロコロコロコロ…
カリンカ「ココアをまぶす…と」
どぱっ…。
ブルース「…ちょっと待て、カリンカ! 今、変な音したぞ?」
カリンカ「わぁん、ココアの粉に埋まっちゃったよぅ」
フォルテ「げッ! しかも、このココア、インスタントココアじゃねーか!」
カリンカ「え! な、何か悪いことした?」
ブルース「………(゚-゚)」
ロック「コレじゃあ甘すぎるんだよ~…。砂糖無しのにしなきゃ」
ブルース「……(甘いのは苦手なんだが…)」
ロール「ご、ごめんね! コレと一緒に頂こうと思って、近くにインスタントココア置いといたわたしが悪かったわ!」
フォルテ「いや、カリンカが悪い!」
カリンカ「うるさいわね、このアフォルテ!」
どっ!
フォルテ「また言いやがったな、この味覚オンチ!」
カリンカ「味覚オンチじゃないもん!」
ブルース「どれ…」
ロック「あっ…」
ぱく。
ブルース「うん、甘いがおいしいよ。カリンカ。よくできたな」
カリンカ「ホント?! ありがとー! もー、ブルース大好きv」
フォルテ「…なんかムカツク!」
ロール「何かちょっとラブラブって感じね♪」
ロック「まぁ、今日で最終回だから、こんな終わりもいいかもね」
ロール「みんなもこのレシピを参考にして、大好きな人のハートをゲットしようねv」
カリンカ「甘ーい生活、応援してますv」
ロール、カリンカ「じゃあ、またお会いしましょうね~!」
お・し・ま・い。
フォルテ「なんかムカツクーッ!!」