【小説】岩男/ギャグ/お料理教室!04

ロール「と、言うわけでっ」
カリンカ「やってきました、わたし達の出番っ!」
ロール「ロールちゃんと!」
カリンカ「カリンカちゃんの!」
ロール、カリンカ「お料理教室!!」
わぁ~! ぱふぱふ!
ロック「ボクと」
フォルテ「オレもいるけどな!」
シーン。
ブルース「…オレはここにいていいんだろうか…?」
ひゅー! どんどん!
カリンカ「いいのよ、食べてくれるなら」
ロール「お客さんも歓迎してくれてるしね♪」
ロック「あ、今日はリテイク無しだ!」
パチパチパチパチ…。
ロール「…と、言うわけで、今日は!」
カリンカ「バレンタインも近いぞv チョコシリーズその1!」
ロール「バナナチョコの巻~!」
フォルテ「言っとくけど、オレはカリンカのは食べないからな!」
パコン!
カリンカ「うるさいわねっ!」
シーン…。
ブルース「……カ、カリンカ?」
カリンカ「…あ、あははは~…。つい…」
ロール「さ、さぁ、始めましょうか!」
パチパチパチパチ…!
ロール「ではでは、材料を説明します。
チョコ、100g
バナナ、3本
飾りのトッピング、適量」
ロック「いつも通り、これはあくまで参考にしてね!」
フォルテ「普通、こんなもん見て作らねェっての」
カリンカ「うるさいわねっ!」
ブルース「カリンカ、落ちつけ」
カリンカ「あ、はーいっv」
フォルテ「…(ムカっ)」
ロール「ではでは、作り方を説明します! これもあくまで参考に…ね♪」
カリンカ「バナナを一口大に切って、刻んだチョコを1分加熱してかき混ぜます」
ロール「バナナに竹串を刺して、チョコレートにつけ、チョコが固まらないうちにトッピングを散らして、固めましょ!」
ロック「乾かす時は、キャベツとかに刺すといいよ。勿論、そのキャベツはあとでお料理に使ってね♪」
ロール「そーゆーこと♪ じゃあ、やってみようか!」
トントントン…。
ピッピッピッピッピ!
カリンカ「チョコにつけてトッピングをかける…と」
パラパラパラパラ…。
ブルース「…ちょっと待て、カリンカ! 今、何かけた?」
カリンカ「え? 彩りにと思って…パセリ」
フォルテ「パセリぃ?! おま…お前、ホントに味覚どうかしてるぜ!」
カリンカ「そ、そんな事ないもん!」
ブルース「………(゚-゚)」
ロック「ほ、他にもベビー★ラーメンかけてたりしてるぅ!」
ブルース「……(またオレが食べるのか…)」
ロール「か、カリンカちゃんは新しい味を開拓したいのよ! ほら、チョコをかけた柿の種だってあるじゃない!」
フォルテ「だからってパセリやベビー★はないだろ?!」
カリンカ「うるさいわね、このアフォルテ!」
どっ!
フォルテ「あ、アフォルテ?」
ブルース「(ぼそっ)…アホとフォルテでアフォルテか…」
フォルテ「あったま来たぜ! カリンカ、大体お前、オレに謝らなかったくせになぁ…」
カリンカ「謝ったもん! 鳥頭のアフォルテ!」
フォルテ「また言いやがったなッ! この味覚オンチ!!」
カリンカ「味覚オンチじゃないもん!」
ロック「あ、あのサ、フォルテ…」
フォルテ「いい子ちゃんのロックマンは黙ってろぉ!」
どっすんばったん。
ロック「仲良くしようよォ、フォルテ~…!」
フォルテ「大体なぁ、何でブルースには対応違うんだよ!」
ロック「この前と同じパターンだぁ!」
フォルテ「少しは優しくしろよ! オレだって寂しいんだよ!」
ロック「まぁまぁまぁまぁ…」
フォルテ「すっげームカツク~……!」
どたばたどたばた………。
シーン……。
ロール「わたし、出来あがったけど、また2人ともいなくなっちゃったわね」
カリンカ「わたしのも」
ブルース「(カリンカのも? またか…)…ちょっと用事が…」
がしっ!
ロール「ブルース、また食べていって!」
ブルース「……(お前のはいいが…)」
カリンカ「そうだわ、食べていってv」
どーん!
ブルース「……(カリンカのは正直、食べたくない…。第一、それ、何でキャベツに刺したままなんだ)!」
とん。
どすッ。
ロール、カリンカ「さぁ、召し上がれ!」
ブルース「……(汗)!」
…パクっ。
ブルース「…う、うまいよ。ロール」
ロール「ありがと、ブルース♪」
ブルース「…カリンカ……。キャベツは食べ(なくてもいいよな?)…!」
カリンカ「あ、キャベツ、食べちゃって。今日はポトフ作らないの」
ブルース「…わ、判った…(滝汗)」
…パクっ。
………。
ブルース「……(ロック、フォルテ…。食べなくて正解だ、コレ…)」
ロール「やったぁ! 今日も成功したわね! …もしかして、あの2人がいなくなると成功するのかしら?」
カリンカ「それではみなさん、また明日!(?)」