まこらむ番外編11『創作のネタ作り』

『第弐仮想領域』のつまがきはくをさんからバトンを頂きました。
今年の一月一日から始められたサイトさんですね。出来たてほかほかだぁ。サーバー名が見慣れないものだなあって思ったら、自作らしくてびっくり。
私も自作サーバーやったことありますけど、あれだ、フツーのWindowsなんかでやるもんじゃないね(ネットワーク用のヤツあるでしょ!)。
とにかく、技術者がVテキに増えて嬉しいな! 一緒に楽しんでいきましょー!

そんな『第弐仮想領域』さんから頂いたお題は、「創作のネタ作り」です。わざわざウチに合わせて選んで頂いたみたいで申し訳ない。

じゃ、番外編いっくよー!

まこらむ番外編11『創作のネタ作り』

いわゆる、『一次創作(注:オリジナルのことだよ!)』を主にしている私。
今まで、たくさんプロットを書いてきました。

同人を初めてからすぐに書いたプロットで、ネットゲーム世界を描いた『VirusBattler』(そんなことは全然ないんだけど、パクりかってくらい某ラノベに似てる。ちなみに、キャラは今、『翠で彩った日常』で使ってます)。
人類に絶望した、エレメンツを司る6人の使者との戦いを描く、厨二病満載の『OPEN YOUR EYES』(最終決戦が月の裏側とか、厨二病以外の何物でもないでしょ)。
望まれたタイムループからの脱出を目指す『R.E.D』(外の世界は核戦争で滅んでいるという設定)。
ロリータ双子の学園生活を描く『TwinLolita』(多分コレが一番、こみらびに雰囲気似てる)。
吸血鬼と吸血姫の戦いを描いた『VampireLuna』(吸血鬼は結局人間が作り出していたというオチ)。
ブレス・オブ・ファイア5からの影響がすさまじいと思われる、『サイバー・グラナード』(ブレス5はプレイしてないので実際のところはどうなんだろう)。
ぱるなちゃんとぱるちゃんの出所、『日曜日の雑貨屋さん』(ぱるちゃんは男の子だった。こみらびのは女の子ですよ、念のため)。
とある街角の風景を描いた『クローバーのお菓子屋さん』(クロノ・トリガーのキャンディワゴンみたいなのの持ち主が主人公)。
悪人の心から紡ぐ糸で祈りの小物を作る少女の話、『HappinessThread』(スレッド、とは糸のことらしい)。
などなど。

けれど、これ、何一つとして、完結してないんですよね。

中身はあるんですよ、どれも。
高確率で、本文は残ってる。
でも、書き切ることができないんですね~。

完結させてくれる方がいたら、喜んで原案やらせて頂くのでご連絡くださいw

まあ、それはそれとして。

大体のネタは、キャラクターから生まれます。
ので、キャラクター作ってからが本番ですね。
私の場合、キャラと世界観、物語の始めと終わりを用意すれば終わりです。
つーか、キャラを作れば作るほど、そいつらが勝手に動いて物語を作ってくれるので、私、実は手間いらずだったりします。

例を出すなら……。
このサイトの中の記事には明言されてないので、もう一回書くというか、何度でも書きますが、『Rの刻印』のリノは殺す予定だったんです。
リノは自分の暴走によって死んで、残されてた細胞によって育ったチビリノがアルト、メルと共に研究所を脱出、海に手向けの花を投げ入れてラスト。
いやあ、これきっつい。

なんですけど。

リノが言い出したんですよね。

「あの。ボク、生きてたいので……。死ななくていいですか?」

う、うん……。努力してみようか。

で、一緒に死ぬはずだったアイダさんもなんか言い始めた。

「俺も死にたくないし、実は死んだ妹たちいるんだよねー。あ、あと、サイキック三人組は俺の甥だからよろしく」

何言ってんの?!
第一、アイダさん、あんたそのサングラス雰囲気でかけさせてただけなんですけど?!
瞳の色隠すため?! 知るかッ!!!!

そんなグダグダが毎日起こっていたりします。
まこ流の小説作りは詳しくはここ読むといいです。最近は違う書き方もしてるけどね。

思うに、体験したこと、見た物語、全部吸収されて糧になっていくから、なんでも経験かな、って。
上の、未完の物語群見ても、再利用率がそれなりにあるので。

うん、まあ、まとまりなくなってきたけど。

みんな創作やろうよ! 面白いよ!!ソウハオモエナイデスネ……。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


以上で、バトンは終了です。
次は、『ねじまき鳥よ、俺の幸運を願え』のビッキー・ホリディさんに。
お題は、『電子書籍』で!

Tagged on: