まこらむ第9回『だってやったモノ勝ちじゃない』

おはようございます、まこです!
ブログにしようか迷ったんだけど、まこらむにしとく。

まこらむ第9回『だってやったモノ勝ちじゃない』

某テキストサイト企画の末席に名を連ねているワタクシですが、かなりな場違い感を感じていたりもしました。
Vテキに参加を決めたのは、シロデココさんがいたおかげなんですけど……それでも、圧倒的に同人サイト少ないじゃん?! つーか、作品がんがん出してるのってウチくらいか?!
(お気付きのVテキ関係者さんも多いでしょうが、作品上げてもなんか後ろめたくて『更新したらageるスレ』に報告したことないんだぜ……)

したら、今日(昨日)のスレで、ウチを名指ししてくださった方がいまして。
ウチ見てると、同人やってみたくなるんだって。

YOU! 同人やっちゃえばよくね?!

ってすごく思いました。
残念ながら、その場にいなかったんだけど。

私が同人初めたのは学生時代。
友だちと一緒のイベントに出展して、友だちと隣同士にしてもらったんだけど(これを『合体配置』と言うよ!)、友だちはオリジナルのコピー本ガンガン売れてんのに(結局、完売したんじゃなかったっけな)、私は一冊も売れなかった!
さらに思い出すと、イベント当日、会場に着いた途端に月の使者が来やがりましてね。私、その間は死ぬような思いするんで、マジでげんなりしてました。

フツーはくじけるじゃん?
でも、『本を作りたい』って衝動のほうが勝ったんです。

コピー本で、製本も荒かったし、前日遅くまで作業してたから、頭もくらくらしてました。
でも、一冊完成したときにね、

「私の本だ!! 私が作った、私だけの本だ!!」

ってなったんです。
今も手元に一部だけ残してあります(残りは次のイベント時、無料配布したら全部捌けました……。なんと無常な世の中……)。
その興奮をもう一度味わいたいから、やってるようなものかなー……。

あとは、アレですね。
『だって、やったモノ勝ちじゃない』
って思いが強いんです。

すっごく個人的な話で申し訳ないのですが、私の初の同人誌に予告を載せていたオリジナル作品を、そのままでは世の中に出せなくなってしまった……という経験があります。
アニメ化もした某ラノベと設定が殆ど同じという……。

長谷川裕一先生の著作、『クロノアイズ』に、こんな科白があります(実家にコミック置いてきてしまったので、細かいところは間違っていますが)。

「降ったばかりの雪に、一番乗りで足跡つけたいだろ?」

前述の某ラノベと、私の未公開作品(でも、すこーしだけ文で公開してた。実は)、設定はめちゃくちゃ被っていて、その『雪』に足跡はつけられちゃったけど。

でも、全く同じところを歩くんじゃない。

某ラノベの主人公はハーレム状態だけど、こっちの主人公は女顔で恋愛とかにはあまり興味がない(興味が持てない)状態。
主人公の家族構成だって違うし、キャラクター構成だって違う。
『パクリなんじゃない?』なんて勘ぐられるのがイヤだし、昔の物語作りと今の物語作り、方法が違うからお蔵入りにするしかないけど。
それでも私は、書きたくなったら、この物語をまた綴ると思います。

『やったモノ勝ちじゃない』

テキストサイトのネタ文章を、紙で読みやすいようにして本にする、とか面白いと思うんですよね。
一人で参加しても、お隣さんとかと仲良くなれたりとかするよー!

あと、センスないからダメとか、それだったら私ダメになっちゃうからやめてwww

Tagged on: