まこらむ番外編01『移動販売』

某所のテキストサイト企画にコッソリ参加している身なので、たまには共通テーマなど嗜んでみます。

まこらむ番外編01『移動販売』

移動販売といえば……。
ローカル且つ年代がバレそうですが、『かわいい魚屋さん』を思い出します。
ウチの裏に来てたのですよ、アレ。

『♪かっわいいかっわいいさかなーやさーん』

って音楽かけて。
実際、その魚屋さん可愛かったんですよね。小型トラックに、魚と魚屋さんのおっちゃんのイラスト描いてあって。

あまり買ったことはなかったなー。
だから、いなくなっちゃったのかもしれないけど。

でも、あの音楽が好きで、来るの楽しみにしてたから、それのおかげかなんかか、移動販売、っていうのに一種の憧れがあります。

私の未発表オリジナル作品に、『幸せの街~クローバーのお菓子屋さん~』というタイトルのファンタジーがあるんですが(書き終わる前に熱が醒めてしまって、一文字も書けなくなった為お蔵入り……orz)、それのヒロインが移動販売のお菓子屋さんを営んでいました。
イメージとしては、クロノトリガー序盤でマールがキャンディを選んでいた、あのワゴン。

今、昔作った3Dのクローバーワゴンを必死で探したけど、見つからなかった……(´・ω・`)

代わりに、書きかけの原稿見つかったんですが、面白い書きかたをしていて続きが気になる上、この後どうなるか判らない代物でした。
なんか、レイアウトと平行して文字打ちをやってた形跡があって(書いてあるところは全部レイアウト組んであった)、そりゃ何も浮かばなくなるわwwwと笑ってます。

タイムスタンプ見たら、2001年に書き始めたらしいです、このお話。

丁度、人生初のねずみーらんどを体験して、可愛いワゴン販売たくさん見た直後くらいですね。
あれっ。もしかして、『かわいい魚屋さん』コンプレックスなんじゃなくて、『ねずみーワゴン』コンプレックスなのかも。