【Ex】創作の杜参加お疲れ様でした

みなさまこんにちは。フォンデュです。
6月11日、人形町(もしくは東日本橋)にあります綿商会館にて行われました、『創作の杜』にサークル参加させて頂きました。
スペースに立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。

『創作の杜』は、映画撮影のために急遽開かれたイベントでして、普通に頒布していいとのお達しでしたが、映画に映るかもしれない、ということでした。
要するに、モブ。エキストラですね。
まこさんもミーハーですよね……。別にいいですけど。

コスプレイヤーさんもちらほらいて、目の保養になったり、会場内でキャストさんのメイクなどもやっていたため、滅多に見れない裏の部分なんかも見れたりして、結構お得感満載のイベントでした。


スペースレイアウトです。
今回、ちょっと時間がかかったことがまず第一の反省ですね。
こくうさんいなければ、設営時間内に終わってなかったかもしれません。
まこさんも、もうちょっと計画性があればいいんですけどね。

閑話休題。

コミティア120で手に入れた、『STUDIOはまち組』さんの『組み立て式ディスプレイ棚 [3段] 改』を導入しました。右端の白い棚ですね。
B5の本を載せる棚、と言うことでしたが、文庫サイズにも合いそうで一安心です。写真のように、横に説明書きをつけると、目立っていいですね。
でも、この棚もいいけれど、『シロイタナ』が気になってしょうがなくはありますね。余裕があったら、購入してみたいものです。

ウチはグッズもあるので、ワイヤーネットを小さいもののみ持ち込みました。
ステッカーの配置が大変だったので、売らないステッカーを一セット作り、なにかで配置しておいて、それをワイヤーネットに貼り付けると、時間短縮になっていいかも?
でも、アクリルキーホルダーが目立たないのは嫌だと、まこさんが言っております。確かに、もうちょっとなにかないかしら……。ワイヤーネットって結構無粋ですし、後ろの網に目が行っちゃったりしますし。

原画をそのまま配置したのは失敗だったかも、と思います。
大きめのクリスタルパックに詰めて、パッケージングをしっかりして販売、というサークルさんがあり、なるほど、と思いました。

あと、わたしが思ったのは。
『キミヨル。』のスペースって目立たない!ってことです。

両隣(というか、壁配置だったので、片方のお隣さんとは直角に接してたんですが……)が目立つので、埋もれてしまうんです。
キミヨル。の看板が原画なのは確かにいいかもしれないけれど、小さいし白黒だし、しまいにはラミネートしているのでパッと見た目原画と分からないしで、努力の方向性を間違えているというか、とっても残念な結果になっている、とわたしは思うのです……。
テーブルクロスも、折角作ったのだけれど、紙の白さと黄色って調和してしまって埋もれるのと、上に白いレース調の布を叩いてしまったことで、本やグッズなども見にくくなってるんです。テーブルクロスが短くて、スペースの前になにもないのも、目立たない一因かもです。印刷所さんに刷ってもらえる敷布みたいに、前垂れ部分になにか描いてあるのって、アレやっぱり目立つんですね。
とにかく、目立たなければ一見さんが来ません。一見さんが来ないと言うことは、新たな読者さん獲得が難しいと言うことです。
ゆえに、遠くから見ても埋もれないこと。これって、すごく大事なんですね。

まこさん聞いてます? さっきから、わたしから目をそらしてません?
次のイベントに向かって、まずは原稿よりもそっち優先してやりましょうか。ね?

売り上げは期待していなかったのですが、わざわざ来てくださった方もいて、その点でも満足のイベントでもありました。
改めまして、スペースに立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。

次のイベント参加は多分、夏のコミティアになります。
じゃあ、またね!