【コラム】ワードプレスで同人サイトの作り方(テーマ編01)


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【コラム】ワードプレスで同人サイトの作り方(プラグイン編)
>>【コラム】ワードプレスで同人サイトの作り方(固定ページ編01)
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

私自身がすごく迷ったから、データ吹っ飛んでもまた再構成できるようにここに書き記そうと思い立ちました。
誰かのお役に立てれば、それも幸い。
めっちゃ手数多いので、何回かに分けて連載みたいにしていこうかと。
ちなみに、超初心者向けです。WP判っている方には「何でコイツこんな間違った解説してるの?」っていう感じだと思われますが、判りやすくしているだけですのでそういったツッコミ不要ですw
(※基本的にWordPress4.7.5–jaでマルチサイトを使用して記事を書いています。設定方法などはバージョンによって多少異なります)
前置きもしたし、この前の続きいきます。
だいぶ時間経っちゃってごめんなさい。ワードプレスの進化に追いつけなかった……。

テーマはいわゆるテンプレートのことです。
『キミヨル。』では、フリー版の『Attitude』を使っています。

まずは、テーマの追加方法から。


『外観』から『テーマ』を選び、新規追加をクリック。


テーマの検索に入ります。
ウチと同じ『Attitude』なら、『テーマを検索』のところに入力すれば出てきます。


『詳細&プレビュー』を押せば、そのテーマをサイトに適用したときの挙動が見れる……かもしれません。
これを設定しているかは、正直、テーマ作者さんに委ねるしかないので、見れたらラッキーくらいに思っておいてください(中には、テーマのソースに直接、利用者がトップページのあれこれを書き込んで動作させるようなテーマが存在しますので……)。
ですが、少なくとも、キャプチャーらしきものを見れる可能性はありますので、どんな感じなのかは確認しましょう。

お好きなテーマにカーソルを合わせ、『インストール』を押せば、インストールが開始されます。


テーマを適用するには、『有効化』を押しましょう。

ここまでやれば、テーマの着せ替えは完了です。お疲れ様でした。

さて、不満な方もいるかもしれません。

「Googleで、『ワードプレス テーマ』って検索すると、めっちゃいっぱい出てくるんだけど。コレ使いたいなー……」

確かに、見た目は魅力的です。その殆どがタダだし。
ですが、ワードプレスの画面から検索して出てこないテーマは……そう、みなさんお気づきでしょうが『野良テーマ』なのです。
ワードプレスの画面から検索して出てくるテーマは、ワードプレスに関わっている有志が厳重なチェックをして、合格した、言わば『精鋭テーマ』です。
使い勝手は勿論、安全性の高さは保証されています。

それに比べ、野良テーマは誰のチェックも通りません。
『WordPressテーマをググって探すのは超ハイリスクなので気をつけよう!』という記事によると、ググって出た野良テーマ、検査した限りでは明らか怪しいものだけだったって言うことで……。怖っ!
これをただの啓蒙記事だと思うか、事実危険と認識すべきかは個々人の判断にお任せしますが、この記事を読んでから、私は野良テーマを使うのはやめました。
phpを画像に偽装してinclude()させてるとか、怖すぎるわ……なにしてるんだよ……(include→本体とは別のファイルの内容を実行させる命令。プリズマ★イリヤで『インクルード!』て英霊取り込んでるから、なんとなく分かる方も多いですよね?)。

おっと、話はそれましたが。
まあ、そういう理由でこのシリーズでは、外部テーマの取り込み方すら説明しません。ご了承ください。

今回はここでおしまい。
次回は、一旦テーマから離れます。何個か固定ページ作るよ!

と、言うわけで、ではでは!


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
<<【コラム】ワードプレスで同人サイトの作り方(プラグイン編)
>>【コラム】ワードプレスで同人サイトの作り方(固定ページ編01)