【コラム】KDPで電子書籍を出すために

2017年1月8日。
第二弾の電子書籍、『こみろんらびっとVol.02 やっぱりはなまる商店街』をリリースしました。


(アフィです! まこに投げ銭したい方はどうぞ!)

で、最新の情報を備忘録として。

まず。

InDesignでは正しいEPUBを出力できません!

なにをどうやっても、Kindle Previewerでエラーが起こる恐怖ね。
私は自分のデータがきっちゃないって分かっているので、あちこち直しリトライし、を繰り返して、組む時間も含めて8時間無駄にしました。
私のインデザはCS6なんですが、他のインデザでもEPUBはひどいみたい。

まさか、と思って、第一弾として出した

(アフィです! まこに投げ銭したい方はどうぞ!)

amazon先生に提出した分はいいみたいだけど、元データのEPUB(インデザで作成)は変換ミス起こすようになってました。なんてこと。

要するに、amazon先生、
InDesignの吐き出すEPUBにほとほと嫌気がさしたので、全部弾くことにした(?)
っぽい。

で、アマゾンのヘルプを見てみると、

最適な結果を得るためには、DOC/DOCX または HTML 形式を使用することをお勧めします。

……EPUB否定しちゃってるよ……。
電子書籍用のデータ形式として生まれたEPUBちゃんに愛の手を。

ちなみに、PDF対応してるって書いてあるでしょ?
私、喜び勇んでやってみたのよね。

現在サポートされる PDF の原稿ファイルは、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、カタロニア語、ガリシア語、バスク語で書かれたものだけです。現在、日本語の本はサポートされていません。

扱いひどくないですか……?

まあ、そーゆーわけで。
DOC形式にしたいなって思いはじめましてね。なんせ、amazon先生が自ら勧めているわけですから。まあ、間違いはないと。

でも、私のPCにはWordが入ってない。一太郎も入ってない。

ので、これ。

『OpenOffice』! フリーソフトだから、お金のない人の味方だよ!

で、フツーに組めば、だいたい綺麗にできます。
縦中横もできたりね。

なんだけど、縦書きと横書きは一つの書籍の中では混在できないみたい。
テキストボックスみたいな役目のもので、『枠』というものがあって、その中に横書きで奥付入れてたのだけれど、文字だけくるん、て縦書きになってました。

あと、操作性はすごく悪いです。
画面がカックンカックンなる。
ちなみに、私は画面酔いしました。やめて、車酔いしやすい体質なのよ……
操作に癖があるから、慣れるまでに時間がかかるし。

なんとかそれで元データ作れて、無事に電子書籍出来たけど、正直、他人様にはオススメできないです。したくない。だって本当に酔うんだもの。

そんな愚痴をツイッターでぼやいていたら、清水の舞台から投げ落とされる勢いでオススメされたのは『一太郎』。
しかも、一太郎ね……。


安いんですよ……。

ん? なんで特別優待版買えるのって?

ジャストシステム製品持ってれば、買えるらしいんだわ。
そして、この書き方だとどうやら、いつのものでもいいっぽい。
今は使ってないんですが、持ってましてね。登録も済ませてましてね。
登録名義が旧姓なので、電話かメールで変更手続き必要らしいのですが(すっかり忘れてた)、まあ、変更すれば難なく使えそうなので利用しようかなって。

あと、きれいなEPUB(まるできれいなジャイアンみたいな言いかたw)の出力もできるそうなので、これから電子書籍、特にKDPやりたい方はオススメ!
日本語入力に強いのもいいよね!

なお、一太郎は2月に新しいバージョン発売されるみたいなので、欲しい方は我慢して、2016買わずに2017待ちましょう。私も待ちます!

保存