【Blog】いつ寝てるんだ、って話。

こんばんは、まこです!

いつ寝てるんでしょうね、私。
いや、寝てるけどね。
持病が悪化して、この前の検査結果があまりにも酷かったから、主治医が裸足で助走つけて殴ってきたのに夜更かしするとか、我ながら、自分の寿命を縮めてるとしか思えません……。

まぁ、なんとかなるなるケンタッキー。
(こくうさんの口癖)

『ブルー★プリズム』の第二話を更新しました。
私、このシリーズ、Hシーンありきで作った筈なんですが、なんかみんな寸止めですね……。あっれぇ。
安定のまこクオリティ。
だけど、前に寸止めでもエロいって言われたので、それを胸に精進しようと思います。
目指せ! ばっちりヤっててエロい物語!!(なんか色々と酷い……)

さて、以下は殆どが裏話になりますので、読み飛ばして結構です。
一番下に拍手お返事がありますから、それだけ読めばいいと思うよ!!

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

ブルプリ二話目、語り手が変わった(今回はアルフレッド)ので、「あれ?」ってなった方もいると思います。

今回、このシリーズを作るにあたって、色々実験を組み込んでみようと思い、こういう形になりました。

今後も、ローテーション(アルト→アルフレッド→リノエリア)で一話ごとに語り手が違います。
この方式でしか描き出せない物語を紡いでいくつもりです。

今のところ、アルフレッドがまだ誰にも言ってない秘密が、読者さんたちと彼とで共有できたと思います。
今後も彼らの秘密を、彼らと読者さんたちで共有することになると思うんですが、それを本人たちはお互いに一切判らないというね。
結構ヤキモキすると思うんですよねー。

お気付きの方がいらしたら嬉しいのですが、語り手によって、文章の質を変えていたりもします。
アルトが語り手の場合、自分の置かれている状態と、自分の心情をストレートに書いているのですが、アルフレッドの場合は心情に重きを置いてます。だから、文章がちょっと厨二病くさいw
リノエリアはぽけーとしてるので、置いていかれそうなモタモタした語りにしようかな、と。

この試み、成功したら面白いだろうな。
うん、文章力がないので、失敗するのも覚悟してる。文章力が来い。頑張る。

あと、すっごく「あれ?」ってなった方が多いだろうと予想がつくのが、いきなり現れたアルトの『記憶喪失』設定。

アレ、ぶっちゃけると後付設定です……!

だから、第一話読み直しても、多分ぐっちゃぐちゃになります。
手元には辻褄合うように必死で改稿したテキストがあるのですが、あえてWEBには掲載しません。スッキリしたい方は書籍版買ってください……!

でも、第一話書いてる時点でアルトが記憶喪失なのは決まってました。何故直さなかった自分……!

こういう風に、途中で物語変えても誰にも文句言われないのが、同人のいいところですねっ!(にっこり)はい、気をつけます。

毎日、『キャラクターとの対話』を欠かさないのですが(詳しくはまこ流小説の書きかたを見てね! ちな、まこは無宗教だよ! 変な宗教にハマってるわけじゃないよ!)、いやぁ、出る出る出る出るドンと出る。私が知らないキャラクターたちの意外な一面。

突然本人から語られた衝撃設定とかもあるし。
いきなり『これはナシね』とか言い出されたりとか。

何も考えなくてもスラスラ書けるこみらびたちと違って(そもそも、作りかたが全く違う)、対話しないと作られない物語は後付設定が酷いので、出来る限りまとめて出したいんですが、根がせっかちなもので、書いた順からどんどん出しちゃうんです。ゴメンナサイ。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

拍手&コメント、どうもありがとうございます!
お返事いきます。

商品一覧ページとかあると同人慣れしてない人にはありがたいのかもなーって思いました(小並感)

なるほどなるほど!
そういや、自家通販もやろうと思ってるのに出来てないや! CGIまで手に入れたってのに!
(ピクシブ提供のBOOTHは開設しているのですが、あれはもう閉めようと思ってます……。売れた試しがないw)

と言うわけで、あとで着手します。BOOKSってところに格納しようと思ってます(外見だけ設置済みです)。
ご意見、本当にありがとうございます!

(※11月21日追記:同人界隈以外にはBOOTHがなんだか判らないことに気づきませんでした。ちょっと追記しました。コメントくださりありがとうございます!)

2 thoughts on “【Blog】いつ寝てるんだ、って話。

    1. おかみまこ Post author

      コメントありがとうござれる!
      あ、いえ、BOOTHという通販システムを外部で使ってまして、そちらを閉じるというお話でした!
      Booksの項目は昨日追加して、中身からっぽなまま力尽きて眠ってしまっただけなんです、ハイ。

      ややこしくて申し訳ない!